Treatment 男性の泌尿器科

男性の泌尿器科について

男性の泌尿器科では、頻尿や残尿感、排尿困難などの排尿障害や前立腺に関係する疾患について診察しております。男性によく見られる病気として、前立腺肥大症、前立腺がんがあります。

前立腺肥大症

前立腺は膀胱の下部にあり、尿道のまわりにあります。前立腺肥大症には、男性ホルモンや炎症などの影響によって前立腺が大きくなったり、前立腺の筋肉が縮まって尿道が圧迫され尿の出が悪くなる、とうい症状があります。

こんな症状はありませんか?
  • 尿が出にくい
  • 残尿感がある
  • 夜中、トイレに起きる
  • 我慢できずに尿を漏らしてしまう

前立腺肥大症の診断は、直腸診を行い前立腺が大きくなっているかを確認します。大きくなっている場合は、超音波(エコー)検査で確認し、適切な治療を行っていきます。

前立腺がん

前立腺がんは加齢とともに発症しやすくなります。また、遺伝による発症もあるためご家族に前立腺がんの患者さんがいる場合は発症リスクが高くなると言われています。
50歳を過ぎたころに、男性の前立腺に前立腺がんの「芽」のようなものができます。多くの場合、これは「芽」のままで終わります。しかし、加齢とともに前立腺の機能が低下し、この機能低下に何らかの要因が加わると「芽」が増えてしまい、がんになると考えられています。

こんな症状はありませんか?
  • 尿が出にくい
  • 残尿感がある
  • 夜中、トイレに起きる
  • 排尿の切れが悪くなる
  • お腹が張る(膨満感)

初期の頃にはほとんど自覚症状がありませんが、がんが進行するにつれてさまざまな症状が現れます。しかし、この症状は前立腺肥大症とよく似ているので、PSA検査などの血液検査や直腸診、超音波(エコー)検査を行います。その後、針生検でがんが疑われる場所の細胞を採取してがんかどうかを確定します。

性病について(男性編)

泌尿器科で診察する症状には様々なものがあり、中でも中心となるのが下記のような症状です。

  • 排尿時の違和感や痛み
  • 尿道から膿が出る
  • 陰部にできものができる/かゆみがある
  • 鼠径部のリンパ節が腫れる など

泌尿器科では、性病の検査や治療も行います。
下記に当てはまる症状があれば、早めの受診をおすすめします。

排尿時の痛み・性器のかゆみ・膿の排出

これらの症状がある場合、クラミジアに感染している可能性が考えられます。
尿道に炎症が起こると排尿時に痛みを感じることがあり、ほかに性器がかゆくなる、さらさらとした分泌物で下着にシミができることもあります。
感染しても半数の人は気づかないとされ、感染を放置すると男性不妊につながる可能性もあります。
診断は、尿検査または血液検査でクラミジアの抗体を検出します。

尿道の激しい痛みや膿の排出が多い

これらの症状がある場合、淋病が疑われます。
淋病は、性行為から症状が出るまでの期間が2~7日程度と短いのが特徴です。
淋病に感染すると、男性は尿道炎になります。
はじめは尿道の違和感や性器のかゆみ程度の症状ですが、尿道炎によって激しい痛みが生じたり、性器からドロッとした膿が出たりします。
症状が進行すると精巣上体炎となり、不妊の現認にもなりかねません。

性器の皮膚にできものなどがある

陰茎に明らかな発疹ができているケースのうち、複数の小さな水泡があり痛みを伴う場合には性器ヘルペス、痛みはなく皮膚が剥がれたような状態でその部分が少し硬い場合は梅毒、先がとがったできものがあり大きくなるようであれば尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)が疑われます。

性病を放置することで全身に症状が出たり不妊症につながったり、場合によっては日常生活に支障が出てしまうこともあります。
少しでも違和感があれば、まずはお気軽にご相談ください。